• スペマンの通販
×
上へ戻る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペニスをサイズアップさせるには

ペニスをサイズアップさせるには

ペニスをサイズアップさせるには、たくさんある方法のなかから自分に合った方法を選択することが重要になります。

自宅で行うことができるトレーニング、ペニス増大サプリメント、ペニス増大器具、病院で行うペニス増大手術などたくさんの種類があり、確実でお金のかかる方法や時間はかかるけど安く済ませる方法、効果はわからないけどタダといった方法などがあります。

それぞれ方法は違いますが、目的はすべてペニスへの血流を改善しサイズアップを促すという点にあります。そうすることでペニスは大きくすることができます。

今までペニスサイズにコンプレックスを抱いていたという人もサイズアップすることで悩みがなくなり性行為に対しても自信がもてるようになります。

ペニス勃起のメカニズム

ペニス勃起のメカニズム

ペニスが勃起するメカニズムは、外部から性的刺激・興奮を受けることで起こります。

刺激を感じるとあらゆる感覚器官が脳へと情報を送ります。
その後ペニスへ信号が伝わり、ペニス周辺の血管を拡張させる物質が分泌されます。

この作用により血管が拡張され血流がスムーズになり動脈から大量の血液を海綿体に送ることでペニスは膨らみ力強く勃起し硬く、大きくなります。

ペニスは海綿体で構成されていますので、ペニスを勃起させるには海綿体に血液を大量に送ることが大切です。
この血液の量を増やす。ということがサイズアップには必要不可欠なポイントとなっています。

ペニスの平均サイズは?

ペニスの平均サイズは?

世界146ヶ国の勃起時の平均サイズは13.91cmといったデータがあります。

日本の成人男性約50万人の調査結果(TENGA)では通常時のペニスの平均の長さは約8cm、勃起時の平均サイズは13.56cm、亀頭の直径3.53cm、竿の直径は3.19cmとなっています。

残念ながら上記の平均サイズより下回っている場合は短小ペニスとなってしまいます。

自分のペニスの長さが平均より上回っているのか、下回っているのかを知るには1度正確なペニスの長さを測ってみることです。

正しいペニスサイズの測り方

①壁などに背中を付けてまっすぐに立ちます。
②勃起したペニスを水平にします。
③ペニスの根部分から先端までを測ります。

簡単な方法ですが、医学的な正しい計測方法となります。
日によって多少の差がありますので何日間か続けて測り、平均した数字が正しいサイズということになります。

サイズが小さいことのデメリット

ペニスのサイズが小さいことで起こるデメリットは、自分に自信がなくなってしまうといった以外にも女性を満足させられない。女性側が自信を失ってしまう。といったことがあります。

女性が求めるペニスの条件は以下になります。

・長さと太さ
・ペニスの硬さ
・亀頭やカリのサイズ

女性が感じる性感帯の位置は入り口から約8~12cm奥にあり、ペニスのサイズが日本人の平均を下回っていた場合、性感帯まで届かず、さらにサイズが小さいことでペニスと膣壁との間に摩擦が起こりにくくなり女性は快感を得ることができません

また快感を得られないことで女性自身も自分の陰部が緩いのではないかと不安になります。

女性は「硬さ=男性が自分に興奮し興味を示している」「小さい=物足りない、魅力がない」と捉えがちで、こういったことからサイズが小さいと男性だけでなく女性の方が自信を失ってしまうといったことが起こってしまいます。

その他にも女性の膣に届くサイズでないと精子が届かず子孫を残しづらいといったデメリットがあります。

ペニスをサイズアップさせる方法

ペニスをサイズアップさせる方法

ペニスをサイズアップさせる方法は大きくわけると「トレーニング」「器具」「手術」「サプリメント」があります。

自分に合った方法を試すことで改善され、自分の自信へと繋がり、パートナーを喜ばすことも可能になります。

トレーニング

チントレとも呼ばれている方法で効果のほどはたしかではないですが、毎日行うことでサイズアップに期待がもてるといった方法になります。

ミルキングトレーニング

ミルキングトレーニングはペニスへの血流促進が目的です。

①温タオルや入浴をしてペニスを温め、血行が促進されやすい状態にします。
②ペニスを半勃起の状態にします。
③親指と人差し指で輪を作りペニスの根元に指を当てます。
④使用していない残りの指を握ったり開いたりします。中指、薬指、小指の順番で行ってください。(乳搾りをしているイメージです。)

亀頭へしっかり血流を送ることを繰り返すことで効果があるとされています。
時間にして約5~10分、回数にすると約200~300回を約6ヶ月継続することが大切です。
長期間となりますがお金が掛らないので安く済ませたい人におすすめの方法です。

PC筋トレーニング

PC筋の位置はペニスの根元の上部あたりになり肛門括約筋と連動して動く筋肉です。
鍛えることで勃起力の増大、上向きになったペニスを支えるといった役割をもっています。

①肛門に力を入れ、ぎゅっと締めた状態で5秒数えます。
②力を抜き5秒数えます。

1回10セット、朝、昼、夜の3回繰り返すことでペニスへの血流がアップされるだけでなく早漏、射精力の改善といった効果も期待できます。
とても簡単でいつでもどこでもトレーニングすることができるというのがこの方法のメリットです。

ペニスでタオルを持ち上げる

PC筋トレーニングの応用編です。
ペニス周辺の筋肉をしっかりと鍛えることができるだけでなく、きちんと筋肉が付いているかどうかの確認にもなります。

①タオルを濡らし勃起したペニスにかけるようにして乗せます。
②ペニスを動かし持ち上げます。
③10秒キープしゆっくりとおろす動作を繰り返します。

朝晩で5セット行うことで鍛えることができます。
PC筋が鍛えられているかは、排尿時に放水を止められるかどうかでも確認することができます。
力を入れても止めることができなかった場合は弱っている状態ということになります。

器具

ペニスをサイズアップさせる器具の中で代表的なのは、水圧や空圧で大きくする「増大ポンプ」、ペニスを引っ張って大きくする「牽引器具」の2種類です。
ペニスを継続的に引っ張り続けることで陰茎部やその付近に血液を溜まりやすくします。

増大ポンプ

週3回以上で約15分の使用が推進されています。

牽引器具

安全性、効果ともに期待はできますが1日約6~8時間の使用が必要となります。

どちらとも約3ヶ月以上の継続が必要です。
器具を使用する際の注意点は長時間ペニスを吸引することで、よく起こる症状としてカリ部分や包皮に「水ぶくれ」ができると報告されています。

また使用方法を間違えてしまうと、包皮が伸び、亀頭が鬱血してしまう、サイズが合っていないと効果がまったくない。といったデメリットがあります。

購入する器具によりますが平均的な価格は約1~4万円です。
痛みが生じやすいので痛みに弱い人にはおすすめしない方法です。

手術

手術でペニスのサイズをアップさせる方法です。
効果はトレーニングや器具と比べると確実で手術方法は大きくわけて4種類あります。

無切開固定法

無切開固定法は体内に埋まっているペニスを引っ張りあげることでサイズをアップさせる手術方法です。
約2~8cm程長くなった。といった報告があります。
下腹部に脂肪が多いと効果があまり実感できない方法です。
価格は約15~30万円です。
傷を残したくない人におすすめです。

靭帯剥離法

ペニスと恥骨をくっつけている靭帯を切開し埋もれていたペニスを外に出す手術方法です。
傷跡は残りますがこの手術法では約4~10cmのサイズアップが期待できます。
価格は約30万円となります。

注入法

亀頭のカリ部分に注射器でヒアルロン酸やシリコンを注入することで部分的なサイズアップが可能です。
この2種類は美容整形にも使用されているので安全性が保障されています。
効果には個人差があり約1年~1年半で経つと元のサイズに戻ります。
ペニスのサイズを維持させたい場合は継続的に注入しなくてはいけません。
1回の価格は約10~30万です。
傷も小さく痛みも少なく日帰りで済むので手術のなかでも身体に負担の少ない方法のひとつです。

下腹部脂肪吸引法

お腹の脂肪のせいでペニスが埋もれて小さく見えてしまうといった肥満体型の人に推奨されている手術方法です。
ペニスの周りの脂肪を吸引することで本来のペニスが見えサイズアップしたように見せることができます。
長さ自体を変えるわけではありません。
価格は約20万となっています。

どの手術も健康保険が効きません。そのため全額自己負担となります。
また病院によっても値段が大きく変わることがあるので手術を受ける際には注意してください。

サプリメント

サプリメントはペニスのサイズアップにつながる有効成分を長期間飲み続けることで効果に期待がもてるといった方法です。

サプリメントのほとんどは天然成分でできているので副作用もなく、また種類も豊富で自分に合ったものを選択することができます。

有効成分のなかにはペニスへの血流をスムーズにしたり増加させるといった作用があり、勃起しやすい状態にすることが可能です。

継続することでペニスに流れる血液の量が徐々にアップし、ペニスのサイズがゆっくりと大きくなっていくため、自然な形でのサイズアップということになり通常時でもそのサイズを保つことができるようになります。

血行促進作用のほかに「滋養強壮」「精力増強」「性欲増進」「精子を増量」「持続力向上」「筋肉増強」といった男性機能を向上させる成分が入っているので自分に足りないものを補う成分が入っているサプリメントを選ぶようにしましょう。

身体に負担をかけることなく低価格にサイズアップしたいという人におすすめの方法です。

ペニス増大サプリメントの利用

ペニス増大サプリメントの利用

ペニスのサイズアップを求める男性は世界中にいて、海外ではサイズアップといえばサプリメントというくらいに主流の方法となっています。

今までペニスをサイズアップさせる方法は外部から刺激を与える方法がほとんどでした。

ペニス増大サプリメントに関してはただ飲むだけで刺激を与える必要がなく、また価格も経済的に済むので大量のリピーターが発生するほど人気が高まっています。

有効活用するためには、なにより用量と用法を守って飲むことが大切です。

またサプリメントを飲むタイミングもとても重要で、サプリメントの成分が体内に浸透しやすいタイミングを心掛けましょう。

ほかには生活習慣や食生活を見直すことも大切で、改善することでさらなる効果に期待をもつことができます。

ペニス増大サプリメントは残念ながら薬局やドラッグストアでは購入することはできません。

ペニスになにかしらの効果があるサプリメントは販売されていますが、ペニス増大サプリメントではありません。

ペニス増大サプリメントを購入するには個人輸入ができる通販サイトを利用して購入する必要があります。

通販であれば海外で人気の商品や、予算に合った商品など自分に合ったものを見つけることができるうえ、自宅に直接届けられるので誰にも見つからずにこっそりとペニスをサイズアップさせることができます。

ペニス増大サプリメントの選び方

現在インターネットで「ペニス増大サプリメント」と調べるとたくさんの種類が出てきます。

どれを選んでいいのかわからない。どう選べばいいのかわからない。といった人に簡単に、ペニス増大サプリメントの選び方についてご紹介します。

含まれている成分で選ぶ

ペニスのサイズアップに最も有効的な成分は「アルギニン」と「シトルリン」です。

サイズアップに最も重要な血流を促進させる効果の高い成分です。

ほかに、「亜鉛」「マカ」「蜂の子」「トンカットアリ」といった精力を増進させる成分や精子の増量、男性ホルモンの分泌促進、新陳代謝の活性化、弱った身体への栄養補助、さらにはアンチエイジング効果のあるものまであるので自分に合った成分が入ったものを選びましょう。

続けられる価格で選ぶ

サプリメントの場合、効果を実感するには長期間飲み続ける必要があるため、自分のお財布事情に合ったサプリメントを選ぶのも1つのポイントになります。

サプリメントの価格はピンキリです。
一番良いのはサイズアップに必要な成分が沢山含まれていて低価格なサプリメントですが、あまりにも安すぎる場合は偽物である可能性もあるので注意が必要です。

口コミを参考に選ぶ

口コミは実際に飲まれた人の感想になるので選ぶ際のポイントとしてはとても参考になります。

評判がいいサプリメントや自分の悩みに当てはまるもの、ほかに効果の有無といったことも確認することができます。
口コミをしっかりと確認しきちんと効果のあるものを選ぶようにしましょう。

さらに口コミの多い通販サイトは信頼度も高く安心して購入できるのでおすすめです。

まとめ

ペニスをサイズアップさせる方法は本当にさまざまあります。
金銭的に余裕がある人や手っ取り早くサイズアップしたい人は多少ペニスに痛みが生じますが手術がやっぱり確実です。

とはいえ、少しでも安く改善したい、自然な形でのサイズアップを望んでいるという人には、「トレーニング+ペニス増大サプリメント」の組み合わせがおすすめです。

継続することが必要なため、時間はかかりますが痛みもなく体に負担をかけずにペニスの悩みを解消することができます。

そしてこういった時間がかかる方法を選ぶ場合には、少しでも早く行動することがなにより大切です。
自分に合った方法でサイズアップを目指しましょう。

ED治療薬局の嬉しい取り組み

荷物追跡

問い合わせ番号をハイフンなしでご入力ください。