• スペマンの通販
×
上へ戻る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外医薬品とは

海外医薬品とは

海外医薬品とは海外の法律に基づき製造・承認された処方薬、市販薬のことをさします。
海外では効果や副作用、安全性が証明された医薬品でも、日本では未承認のため輸入されていないものがたくさんあるのが現状です。

海外の医薬品は種類も豊富で効果が高いものも多く、さらに新薬と同じ成分で同じ効果なのに安価なジェネリック医薬品もとても豊富です。
そのため、自分の症状や環境に合わせた医薬品を選ぶことができるといったメリットがあります。

海外の医療事情

日本は国民皆保険制度により病院での診察料が3割の負担で済むことから、病気や怪我をすると病院に行くというのが一般的です。ドラッグストアで買える医薬品も増えてはいますが、比較的成分の弱いものが多く、種類も限定的です。

対してアメリカは民間中心の医療制度であり、医療保険への加入も任意となっていることから、医療保険に入っていない人は約4800万人といわれ、病院に行くと莫大な医療費を請求されてしまうということがあります。

このためアメリカでは病気になっても医療機関に行くよりも、ドラッグストアで薬を求めることが一般的です。
利用率が高いため、日本よりも種類がはるかに豊富で、強い効果のある医薬品が販売されています。

さらにドイツの医療制度は手厚く、医療費自体は特殊な場合を除き原則無料で治療してもらうことができます。
ドイツの医薬品は大柄なドイツ人の体格に合わせ薬効が強く、頭痛薬で約数百円と非常に安いといった特徴があります。

海外医薬品について

海外では個人で医薬品を購入して治療するのが一般的です。そのため海外では薬に対する相談は、医師ではなく薬剤師にするといった傾向があります。

海外での新薬の認可についても日本より厳しくありません。
とはいえ、安全ではない医薬品が発売された場合は即座に政府が介入できるようになっています。
そのため被害は小規模でとどまり、安全ではない医薬品は即座に販売中止となり使用実績のある安全な薬だけが残るというシステムが整えられています。

国内医薬品との違い

国内医薬品と海外医薬品の違いは国内で認可されているかどうかという点にあります。
日本の薬機法(医薬品医療機器法、旧薬事法)に基づき承認されていない医薬品はすべて海外医薬品とされます。

海外医薬品が日本で使用できるように承認されるには、厳重な審査が必要です。

日本はこの審査にかける時間が海外諸国と比べると非常に長く、他国で発売された新薬の自国発売までの平均期間の例では、米国1.2年、イギリス1.3年、ドイツ1.4年、フランス2.2年、韓国3.7年に対し、日本は4.7年もかかります。

このことはドラッグ・ラグと呼ばれ、ひとつの問題としても取り上げられているほどです。

海外医薬品の特徴

海外医薬品のメリット

海外医薬品には日本国内の薬とは異なる特徴がいくつかあります。海外医薬品ならではの特徴についてご紹介します。

種類が豊富

海外医薬品の種類はとても豊富で、日本とは比べものにならないほどです。

この理由はいくつかあり、海外で新薬を開発する際の臨床試験患者を集めることが日本よりはるかに容易であること、臨床試験実施期間を短縮できていること、承認審査の審査員数が多いことや臨床試験のコストを抑えることができることから短期間で次々と新薬の開発が進められている点にあります。

そのため、たくさんの医薬品が開発、承認されており、新薬だけでなくジェネリック医薬品の種類もとても豊富となっています。

高い医薬効果

海外医薬品は日本の薬と比べると成分量が多いことから高い効果を得ることができます。

この理由は海外では「医師による治療」ではなく、「医薬品による治療」という考え方があるため、成分量を増やして薬の効果を強くすることが重要とされているからです。

ほかには体格の差があります。アジア人はもともと体格が小柄で薬の効果が出やすいと言われているため、日本の医薬品は日本人に合わせ弱めの成分量となっていますが、対して欧米人は体格が大きく、薬の効果が出にくい傾向にあるため、日本の医薬品と比べると、成分量が多く、錠形の大きいものが一般的となっています。

海外のジェネリック医薬品

海外のジェネリック医薬品

日本ではまだまだ認知度も普及率も低いジェネリック医薬品ですが、アメリカでの普及率は90%以上といわれているほど一般的な医薬品です。

ジェネリック医薬品の数は非常に多く、近年、数学的分野で目覚ましい発展を遂げているインドは化学を用いた医薬品開発が得意分野であり、そのうえインド特有の特許制度によって、他国よりジェネリック医薬品を開発・製造しやすい環境となっています。

インドのジェネリック医薬品の安全性と効果は世界中で認められ、販売されていることから海外のジェネリック医薬品の豊富さは目を見張るものがあります。

増える選択肢

1つの新薬に対し複数のジェネリック医薬品が開発されますが、特に需要のある医薬品に対してはさらに多くのジェネリック医薬品が開発されます。

ジェネリック医薬品の場合、先発薬と同じでないといけない部分もあれば、形状やにおい、添加物については同じでなく変更してもいいとされています。

先発薬よりも錠形を小さくすることで飲みやすくしたり、シート状にして水なしで飲めるようにするなど、先発薬の欠点を補う形の医薬品も多くなっています。

そのため、より自分に合った医薬品を選択することが可能となっています。

ジェネリック医薬品のなかにはED治療薬に早漏防止効果のある成分を加え、1つの医薬品で2つの症状を治療できるような医薬品も製造・販売されています。

海外医薬品のリスクと対処

海外医薬品のリスクと対処

海外医薬品を活用する際、まったくリスクがない。というわけにはいきません。ですが正しい知識を身につけておくことで問題なく使用することができます。

海外医薬品の安全性

海外での審査基準をクリアし認められたものが販売されているため安全性においての問題は低いといえますが、日本と海外では品質や成分の基準に違いがある場合があります。

直接身体に作用するものになるのでリスクを回避するにはまず、含まれている成分についてしっかりと確認するようにしてください。

海外の商品になるのでよくわからない。といった場合でも第三者機関による鑑定書が添付されていれば成分量や商品の証明になりますので安全な医薬品といえます。

ほかに製薬会社で選ぶ方法も有効です。
国産の医薬品は厳しい環境基準に合格した工場で製造されていますが、海外医薬品の中には環境基準を満たさない劣悪な環境で製造されるものもあります。

しっかりと情報が出ている安心できる製薬会社の医薬品を選ぶことでこのような品質の悪い薬や、偽物を手にするリスクを回避することができます。

発送などサービス面のトラブル

安全な海外医薬品を購入しても、手元にきちんと届かなければ意味がありません。

海外からの発送となるため、手続きがうまくいかないで返送されてしまう、届かない、違う医薬品が届く、内容物が破損している、といった問題が起こる可能性があります。

この問題を回避するには「信用できる輸入代行業者から購入する」「荷物の追跡番号を発行してもらう」ことで対処することが可能です。

また自分自身でも薬機法で認められている範囲での「購入数を守る」「名前や住所などに偽りがない」ことなどをしっかりと守ることが重要となります。
税関を通関することができず発送元に商品が返送されてしまう場合がありこの場合は自己責任となってしまうため注意が必要です。

海外医薬品を手に入れる方法

海外医薬品を手に入れる方法

海外医薬品を手に入れるには「個人輸入」という方法が一般的です。自分自身で使用する場合に限り、海外医薬品の購入は薬機法で認められています。

また処方箋がなくても購入できるため、忙しくて病院に行く時間がない人が多く利用しています。

個人輸入について

海外医薬品を必要な分だけ自分で使用するために海外から輸入することは合法です。
ただし、ほかの人に販売したり譲渡してしまうと違法となってしまいます。
あくまでも自分が使用すること、そして輸入できる決められた量を守ることで海外医薬品を気軽に輸入することができます。

とはいえ、言語や海外のルールの違い、税関の知識などが必要となりますが、そういった面倒な手続きを代わりにおこなってくれるのが「個人輸入代行サービス」です。

取り扱っている医薬品を選択し、代金を支払うといった他のインターネットショッピングとほぼ同じ手順で、簡単に海外医薬品を購入することができます。

安全な輸入代行業者

現在、個人輸入代行サービスをおこなうサイトは非常に多く存在しています。
ここで安全に海外医薬品を入手するのに重要なのは信頼のおける代行サイト選びです。

まず最初に「利用規約」や「特定商取引法表記」、ほかに所在地や運営責任者などがしっかり明記されているかを確認しましょう。

ほかに日本語対応のサービスがしっかりされているかどうかの確認も必要です。日本語が話せるスタッフの電話対応があるサイトなどは信頼性が高いといえます。

海外医薬品を個人輸入で購入することは、忙しい人にも利便性が良く、またEDや早漏といった人に話しにくい病気の悩みも自宅から注文し治療することができるため、プライバシーが守られるといったメリットもあります。

海外医薬品を使用する

海外医薬品を使用する

海外医薬品は日本では手に入らない未承認の薬や、効果の高い優れた薬、さらに安価で経済的なジェネリック医薬品などがとても豊富に揃っています。

そのため、より自分のライフスタイルに合った医薬品を選ぶことができます。

多くの海外医薬品の成分量は日本の薬とくらべると成分量が多くなっていますピルカッターなどを使って錠剤を半分にすることで、身体に合った成分量にできるうえ、半分のコストに抑えることができて経済的だと、あえて海外医薬品を購入する人も最近では増えて来ています。

海外医薬品はメリット・デメリットをしっかり把握すればとても使い勝手が良く、また日本の医薬品にはない種類の豊富さから自分に合った薬を見つけることができます。
気になる商品があった場合は評判などをしっかりと確認し、信用できるサイトから購入してみるようにしましょう。

ED治療薬局の嬉しい取り組み

荷物追跡

問い合わせ番号をハイフンなしでご入力ください。