×
上へ戻る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不感症とは

不感症とは

不感症とは性的な刺激を感じない、性的な欲求はあるが身体が反応しない状態になります。女性に多い性感異常の1つです。

心と身体のいずれが影響して起こります。気持ちの高揚感、興奮の感覚はなく「性行為中も冷めてしまう」「濡れにくい」「オーガズムが得られない」といった症状が生じます。

不感症は原因も様々あり、それぞれに対しての改善方法を取らなければなりません。不感症の治療薬を使用すれば、不感症も簡単に改善させる事が可能です。

不感症の症状

不感症の症状

不感症の症状には主に「濡れにくい」「挿入時の痛み」「興奮しない」「感じない」といった症状があります。不感症の症状は「性的興奮障害」「オーガズム障害」「性欲減退」とわけられています。それぞれ症状の特徴は異なるので紹介します。

性的興奮障害

性的興奮障害は女性性障害の1つです。性的刺激に対して心と身体の反応が鈍くなります。
性行為時に快感が得られない、挿入時に濡れない、興奮自体しない、性欲や性反応はあるものの、女性器が濡れず潤いがない状態。そのため性交痛も生じてしまいます。性交痛になることで膣が痛くなり膣が広がらず、さらに濡れにくい状態になります。また女性ホルモンも低下します。

オーガズム障害

オーガズム障害の中で最も重い症状は、オーガズムも全く得られない状態、性的興奮はするが満足のいくオーガズムを得られない、またはオーガズムに達するまで非常に時間がかかると様々となります。
性交はできるが性的刺激に対し興奮を覚えない、もしくはきわめて弱い状態です。
生理不順も原因とされています。また、オーガズム自体を感じたことがない人も少なくはありません。自慰行為のみオーガズムに達する人もオーガズム障害にあてはまります。

性欲減退

性欲減退とは性行為への関心はなく性的思考がない状態です。
性的欲求低下障害とも言われています。一時的な時もあれば長期にわたり続くこともあります。精神的なストレス、疲労、年齢、ホルモンバランスの乱れ、出産後、過去のトラウマなどから性欲が減退します。
また更年期障害も大きな原因となり、閉経を迎えると女性ホルモンの減少は急激に起こります。皮膚や粘膜の水分は減少するので、膣への分泌量も減少します。この時期に性行為を行うことで膣内は濡れにくい状態になり性交痛へと繋がります。この痛みが恐怖やストレスとなり性欲減退はさらに悪化します。

不感症の原因

不感症の原因

そもそも、不感症というのはどのような原因で引き起こしてしまうものなのでしょうか。女性の身体と心はとても敏感です。
病気や身体の不調により感情や神経のバランスが崩れてしまうことで、不感症が引き起こされることが多くなるのです。

その中でも不感症が起こる原因というのは主に3つにわけられます。それぞれ特徴が異なるので紹介します。

体質からの原因

体質が関係し起きる不感症の原因には冷え症、生理不順、出産後の体質の変化により起ります。例外的ですが生まれつきの発育遅延や、器質的障害が原因の時もあります。

体質には乾燥肌、汗っかき、冷え症と個々により違いがあるのと同様に、膣内の分泌量が少ない体質の人もいます。膣内の分泌も緊張により溢れでてくる人もいれば、緊張により乾いてしまい分泌がされにくい人もいます。この症状はあまり汗をかかない人に多いとされています。

体質が原因で起る不感症の中で最も多いのは冷え症の人です。身体が冷えているか温かいかで性感帯の感度は変わってきます。女性は刺激を受け身体が温まり膣湿潤を起こします。
冷え症で身体が冷えてしまうと血行は悪くなります。性的な感度は鈍くなり、身体も硬くなり緊張している状態となります。気持ちがリラックスしている状態でも身体は緊張しているので結果的に濡れにくい状態となります。

その上に精神的な要因が重なると性交時に痛みが生じやすくなります。

スキンシップ不足

女性が不感症になる原因の中には男性からのスキンシップ不足があります。スキンシップが少ないと女性は不安になり信頼感も薄れ興奮しづらい状態となります。

男性側の不慣れもありますが前戯や愛撫の少なさ、ムード作りが上手じゃない人もいます。女性はすぐに性的な刺激を感じるわけではなく、好きな男性との雰囲気やスキンシップにより気持ちも高まり、性的な刺激を感じやすくなります。

精神的な原因

不感症の原因として精神的な原因があります。性傾向の違い、価値観、精神的ストレス、不安、緊張、恐怖心、嫌悪、体型のコンプレックス、身体を見せる恥ずかしさ、マンネリ。といった精神的な原因があげられます。

精神的な原因は、性行時に緊張してしまうと身体が硬直し、血行が悪くなり快感が得られにくくなります。その他にも職場や家庭でのストレスが原因となりストレスに対して深刻になり、うつから招く不感症もあります。

不感症の改善方法

不感症の改善方法

不感症の改善方法はいくつかあります。共通しているのは身体全体の血流を改善してあげることです。体質をかえたり精神的な原因を取り除いてあげることで不感症の症状を落ち着かせることは期待できますが、時間をかけながら治していく方法となります。

少しでも早く不感症を改善し男性との時間を楽しみたい人は、不感症の治療薬や媚薬を使用することで、以前のように膣内を潤わせることができるようになります。改善方法について詳しく紹介します。

体質を改善する

体質を改善することとは、まず冷え症を改善させなくてはいけません。冷え症が改善されると血液の流れも促進され、自然と不感症に対しても働きかけます。大切なことはまず食事と運動についてです。

食事では糖質、炭水化物の摂り過ぎは冷え症へと繋がりますので、少しでも身体が温まる食材を摂るようにしてください。タンパク質は血液を作るのに必要とされています。過度なダイエットをやめて肉や魚を積極的に摂取し、不足しないように日々の食生活に取り込んでいきましょう。

運動に関しては有酸素運動を取り入れてみてください。特に足腰が弱ると骨盤底筋群が弱まり性機能の低下に繋がります。膣に力を入れるのは骨盤底筋群です。軽く身体を動かすことで身体の血流も改善されていき脳内の神経伝達物質も活発に分泌されるようになります。

週に2~3回、数分のあいだ身体を動かすことで不感症への改善に繋がります。

精神的な原因をとりのぞく

精神的な原因が理由となり起きている不感症は、原因を突き止めることが大切です。複合的な要因が原因であることも多いので、1つ1つ心の不安と緊張をとりのぞき自律神経を整えてあげなくてはいけません。

心の不安で血行が悪くなり身体はこわばります。原因がわかれば不感症を改善することができます。環境が関係している場合は環境の変化をしてみましょう。もし性行為に対し緊張してしまう。といった人は可能であれば男性に自身の状況を伝えることで、一緒に解決法に取り組んでもらうことができるかもしれません。

理解してもらうことで緊張や不安はだいぶ解消されます。リラックスし心を落ち着かせるのがなによりも重要です。ストレスを発散し気分を入れ替えることも大切です。自分なりにストレス解消法を見つけておきましょう。

治療薬や媚薬をつかう

今すぐにでも不感症の症状を改善させたい場合は、不感症に作用がある治療薬や媚薬をつかうことですぐに悩みを解消してあげることができます。

女性の性的な欲求を満足させるために開発された女性用バイアグラや女性用の媚薬を使用することで、血行が改善され性的刺激に敏感になります。

さらに女性ホルモンを簡単に分泌させることもでき、性欲や性機能も高まります。性行為に対し興奮しない、濡れないなどの症状の人の対策として使われている方法です。

不感症は男性にもある

不感症は男性にもある

不感症は男性にもあり、昔と比べ性感度が弱まった、射精ができない。といった症状に悩む人が増えています。包茎手術後の遺症からくる不感症。男性器が刺激を受けても加齢により包皮がたるみ、余った包皮に吸収され性感が低下する不感症があります。

また日常のマスターベーションでは射精するが、女性が相手になると挿入後に男性器が途中で中折れし、射精できなくなる膣内射精障害(遅漏)が起こります。

男性の場合は間違ったマスターベーションのしすぎ、男性ホルモン(テストステロン)の減少が関係してきます。 加齢や日常生活のストレスが原因で起こる膣内射精障害はED治療薬で改善することもあります。

参考サイト:

不感症 - Wikipedia

不妊症に作用する人気の治療薬

不感症になったことで挿入時に痛みを感じてしまい性行為が十分に楽しめない。このような時は女性器の感度を高めてあげることで、性的な刺激に対しても敏感になり、膣内も濡れやすくなります。同時に痛みも軽減され感じやすくなり性行為を楽しむことができます。女性の悩みの症状に応じて改善薬が製造されています。自分に合ったサプリメントやED治療薬見つけて服用することで改善できます。

  • ラブスマ

    ラブスマ

    ラブスマは不感症を改善するED治療薬バイアグラのジェネリック医薬品です。
    有効成分はシルデナフィルです。血流の促進させる作用があるので女性器の感度を向上させ性的刺激を受けやすい状態にします。そのため不感症やオーガズム不全を改善することができます。
    ラブスマはスマート社で製造されています。スマート社では開発過程日本人が加わっており、安いだけでなく日本人の体型に合った治療薬になります。
    男性用のED治療薬も製造されていてバイスマ、レビスマ、シアスマ、ドラスマとあり状況に合わせて服用できます。

    ラブスマ

  • プロベストラ(女性用)

    プロベストラ(女性用)

    プロベストラ(女性用)は飲むタイプの媚薬サプリメントです。
    天然成分のみが29種類含まれており、医薬品と異なり副作用もなく安全性がとても高くなっています。下半身への血流を促進する作用により女性器の感度を高めます。
    そのため女性器に潤いが与えられ不感症の症状が改善されます。更に女性ホルモンのバランスを調整することでリラックス効果も得ることができます。

    プロベストラ(女性用)

  • KYジェリー(女性潤滑ゼリー)

    KYジェリー(女性潤滑ゼリー)

    KYジェリー(女性潤滑ゼリー)は女性の膣内に塗る潤滑ゼリーです。
    挿入時の痛み、皮膚がつっぱられる感覚を改善することができます。KYジェリーは性欲を向上させる作用はありません。あくまでも膣内の潤いを増やすための潤滑ゼリーとなります。
    体型上の問題で膣が狭い、感じにくいという性行為に対しての不快感も解消できます。膣内が潤うことで挿入時の気持ちよさを高められます。

    KYジェリー(女性潤滑ゼリー)

  • ビバクリーム(女性用)

    ビバクリーム(女性用)

    ビバクリーム(女性用)は直接膣内に塗るタイプの女性用の性感クリームです。
    ビバクリームには10種類の成分が含まれています。その中のメンソールがスースーとし塗布した部分の熱が高まり刺激に敏感な状態にします。ナイアシンには血流を促進させる作用があります。
    血流が女性器に集中することで感度も高まり膣内が濡れやすくなります。医薬品のような強い成分は含まれていませんので副作用もなく使用できます。

    ビバクリーム(女性用)

  • ルベディア(女性用)

    ルベディア(女性用)

    ルベディア(女性用)は飲むタイプの媚薬サプリメントです。
    血流を促進させる作用があり、女性器周辺への血流が増加します。そのため女性の性機能を向上させることができます。天然成分が9種類含まれており、ホーニー・ゴート・ウィードには精力増進作用があります。
    更にトンカットアリが含まれているので更年期の辛い症状にも作用します。その他にも女性ホルモンの分泌を促進させるマカが含まれています。
    性欲の向上、不感症、膣内を濡れやすくしたい人はルベディアを飲むことで改善されます。

    ルベディア(女性用)

まとめ

足

不感症になってしまい悩み落ち込むことで症状はさらに悪化します。愛する相手との時間が苦痛になってしまってはお互いにとって良くないことに繋がります。

不感症は病院でも治療できますが、何度も通わなくてはいけなく費用もかかります。上記で紹介した改善方法は日々の生活の改善や、経済的に安く改善できる方法です。 不感症になった原因をしっかり受け止め、改善策である食生活の見直し、軽い運動、不感症に適した治療薬や媚薬の服用を取り入れれば、以前のように性行為に対して喜びや快感を得ることができます。

改善することでもしかしたら今まで知りもしなかった快楽を経験できるかもしれません。悩みが解消されることでパートナーのことをもっと好きになれるので、お互いにとって気持ちよくなる方法を見つけ改善していきましょう。

更新日:2018/10/9

ED治療薬局の嬉しい取り組み