×
上へ戻る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

包茎とは

包茎とは、成人してもなお、男性の陰茎体部が包皮によって陰茎の先まで覆い包まれている状態のままになっていることをさします。

思春期と呼ばれる第二次成長期頃になると陰茎本体の成長に包皮の成長が追い付かず、自然と亀頭が露出する状態になります。

その時期が終わると陰茎自体の成長はほぼそこでストップしてしまうことから「包茎」として診断されることになります。

包茎は女性が嫌う症状のひとつといわれていて「不潔」「早漏」など男性にとってあまり嬉しくないイメージがあり、実際、不衛生であったり、早漏であることも多いといわれています。

また自身の大きなコンプレックスになっている場合や、病気や感染病にかかりやすいといった点から、包茎はどの種類であっても治療するのが最善と考えられています。

包茎の種類

包茎の種類

現在日本では約70~80%の男性が包茎であるというデータがあります。

世界では割礼といわれる幼少時の包皮切除を3人に1人が受けていますが、割礼の少ない国の1つである日本は包茎率が高くなっています。

包茎は医学的に3種類の症状に分かれ、日本人の約60~70%が仮性包茎であるといわれます。

そのほか真性包茎カントン包茎があり、これ以外に過度の肥満が原因で陰茎が脂肪に埋まり包皮が覆いかぶさってしまう包茎を埋没包茎といいます。

仮性包茎

平常時はかぶっていても手で剥いたり、勃起時には簡単に亀頭を露出させることができる状態を「仮性包茎」といいます。

勃起時に亀頭が露出する場合は軽度、勃起をしても手を使わないとむけない場合は重度となります。

仮性包茎と診断された場合は、ED(勃起不全)と同じ自由診療となり、治療する手術代などは保険が適応されません。

そのため、大人になっても治療せずに放置したままにしている人も多くいます。

性行為ができるのなら問題ないと思いがちですが、包皮が覆いかぶさったまま自慰行為をするとサイズが小さくなる原因となったり、恥垢がたまりやすく感染病にかかりやすいといったリスクがあります。

真性包茎

亀頭と包皮が癒着を起こしていたり、包皮口が非常に狭いのが理由で亀頭が全く露出しない。

勃起をしても手を使っても亀頭が露出しない、露出させようとすると痛みが伴うといった状態を「真性包茎」といいます。

真性包茎は、包皮を剥くことができないため内側に恥垢がたまるなどどうしても不潔になってしまうため、多くの病気の引き金となりかねないことから大変深刻な状態といった診断が下されます。

この場合は医療保険の適応となり、真性包茎を治療するには手術が必要となります。

カントン包茎

平常時に亀頭を露出することはできますが、性行為の際、無理に亀頭を露出させようとすると戻らなくなったり、うっ血してしまうといった状態を「カントン包茎」といいます。

包皮の包皮口が極端に狭く、無理に亀頭を露出させることで亀頭根本の包皮輪を締め付け、亀頭が膨張し元に戻らなくなってしまいます。

この状態で性行為を行った場合、包皮が裂けてしまう、そのままにしておくと亀頭部がうっ血し壊死してしまうといった恐れがあります。

真性包茎以上に重大な問題に発展する恐れがあるため、早急な手術が必要となります。

埋没包茎

肥満体系の人に多くみられる症状で、男性器がおなかの肉によって埋もれてしまっていることが原因で包皮が覆いかぶさっている状態を「埋没包茎」といいます。

脂肪で男性器が短く見えてしまったり、また性行為の方法が限定される、さらに挿入が浅くなってしまい女性の満足度が低下ししてしまうといった問題があります。

そこまで過度の肥満でなくてももともとの男性器のサイズが小さく少しの脂肪であっても埋没包茎になってしまうといった人もいます。

医学的には、埋没包茎は包茎に含まれません。また、ほかの種類の包茎と併発するケースもあります。

埋没包茎の場合は、減量して埋もれた部分を体外に出したり、男性器をサイズアップするといった方法で改善することが可能です。

外科的な方法としては脂肪吸引といった治療が必要となります。

包茎のデメリット

包茎のデメリット

包茎自体は病気ではありません。
ですが、多くのデメリットがあり、主に性行為、衛生面、精神面といったさまざまな方面にあらわれます。

また包茎は自身だけに悪影響を及ぼすにとどまらず、パートナーにとっての健康上のリスクや関係悪化につながるケースもあります。

性行為

衛生面でいうと、仮性包茎であれば剥いて洗うことができますが、真性包茎などは一度も洗っていない状態にあるため非常に不衛生で、不潔な状態となってしまい、悪臭がするという理由でオーラルセックスを断られたり、性行為の機会を逃すといったことも考えられます。

また包皮があることでコンドームが着けにくい、または外れやすいという避妊上のデメリットもあります。

さらに不衛生であることは性感染症のリスクを高めることにもなります。

こういったことがあると次に精神面でのデメリットとして自分自身の負い目から性行為に積極的になれない、不安要素が大きくなってしまって心因性のED(勃起不全)を発症してしまうといったことが起こります。

ED自体はED治療薬で治療・改善することができますが、心因性となると治療に時間がかかってしまうケースもあります。

包茎における性行為でのデメリットはこれだけではありません。

さらには自分だけでなくパートナーにとってもデメリットとなることがあります。

包茎であることに気をつかってしまい性行為に集中できない。包皮が邪魔をして刺激が弱い。など女性の満足度を下げてしまう要因となることがあります。

そこからセックスレスなど関係の悪化につながってしまうといったことがあります。

早漏

包茎であることのもう一つの大きな問題に早漏があります。

早漏は自分で射精をコントロールできない症状で、挿入して約1~2分で射精してしまったり、相手に満足を与えられないうちに射精してしまう状態をさします。

包茎の場合、亀頭は包皮に包まれていて露出が少ない、あるいはまったく露出することがないため刺激に対して非常に弱く敏感になってしまっており、性的刺激を受けるとすぐに射精してしまうといったことが原因です。

早漏防止薬を服用することである程度防止することはできますが、包茎を治療しなければ亀頭や包皮の内側の内板と呼ばれる性感帯は刺激に弱いままとなり、根本的な治療にはなりません。

また亀頭の免疫力が弱いままなので炎症などを起こしやすくなります。

その他のデメリット

その他にも包皮内を清潔にできないことで雑菌が繁殖してしまい、亀頭包皮炎、尿路感染症、尖圭コンジローマを発症したり、最悪の場合陰茎がんを発症してしまうこともあります。

陰茎がんは自覚症状がないため、発症してしまうと発見したときにはもう各部位に転移した状態という例も珍しくありません。

また銭湯などで同性に対して恥ずかしい思いをしたりという精神的な面でのデメリットもあります。
またカントン包茎の場合、最大のデメリットとして包皮の裂傷や亀頭部の壊死があります。

包茎と短小の関係性

包茎と短小の関係性

包茎の人は短小になりやすい。短小の人に包茎が多い。など包茎と短小はセットにされることが多く、実際深い関係性にあるといわれるデータがあります。

短小であると自覚し、悩んでいるとされる人は日本ではおよそ3人に1人だといわれています。

短小のなかでも勃起時の長さが5cm以下の場合は、小陰茎症、またはマイクロペニスという病名となり、手術が必要で、5~7cm未満だと一般に短小とされます。

同じ短小でも恥骨周辺の脂肪によって男性器が埋もれて露出部分が小さい場合は埋没包茎に分類されます。

重度の包茎と短小

包茎である男性の男性器サイズは平均以下の傾向にあるといわれています。

これは真性包茎や重度の仮性包茎にみられるもので、思春期に男性器が形成されていく段階で通常は包皮が反転し亀頭が露出します。

ところが、包茎の人の場合は亀頭が露出しにくい、あるいはまったく露出しないため、男性器の縦への成長が妨げられ、その結果短小になってしまうといわれています。

短小は、性交自体が難しくなってしまう可能性があるほかに、性交できても女性の性感帯の中で最も感度が高いボルチオまで男性器が届かず、女性を満足させることができない。という可能性まであります。

亀頭の成長を阻む

包茎によって亀頭が露出しないことは、短小のほかにも亀頭の成長を阻むことにもつながります。

男性器が成長する思春期に亀頭を露出させる癖をつけると、亀頭は更に成長し成人型の男性器になります。

包茎の場合、包皮によって亀頭の成長が阻まれてしまうことで亀頭が細いまま成長が止まり、先細りの短小になってしまうことがあります。

亀頭が先細りになると、陰茎亀頭冠(カリ首)で陰茎包皮を抑えておくことができないため、亀頭を露出したまま維持することが難しくなります。

性交時にも陰茎亀頭冠は膣内を適度に刺激する役目を果たしているので、パートナーに与える刺激が弱くなってしまい、女性の満足度を低下させてしまうことにもなります。

包茎の治療方法

包茎の治療方法

包茎の治療方法は包茎の種類や症状の重さといった違いによって変わります。

真性包茎やカントン包茎は医療保険が適用されるので手術で治すことが一般的です。

仮性包茎は自由診療で手術を選択するほかに、矯正するといった治療方法もあります。

仮性包茎など男性器の成長が足りないケースや埋没包茎のように男性器の長さが足りないことが大きな原因である場合、長径手術やペニス増大サプリメントで男性器を伸ばすことで亀頭を露出させる方法が有効です。

手術

手術によって包茎を治療するメリットは確実な治療が可能であるという点です。

真性包茎やカントン包茎は健康上のリスクが高いため医療保険の適用範囲に指定されているので、多くの場合手術して治療する方法が取られます。

仮性包茎も手術が可能ですが、自由診療なので医療機関により設定金額に開きがあります。
高額な医療費を請求されるといったケースもあるので、信用できる医療機関を選ぶことが大切です。

術式は「環状切開術」「背面切開術」「亀頭直下埋没法」といった方法や、それぞれのクリニック独自の治療法などがあります。

手術の場合、性感帯のある包皮を切除するケースが多いため、感度が悪くなってしまうことがあります。

また、術後は約数週間~3ヵ月の間、性行為は一切禁止となります。

矯正

毎日器具を装着し、亀頭が露出した状態に包皮をくせづけ、矯正するという治療方法です。

ただし、この方法は真性包茎やカントン包茎では始めることができないため、亀頭が露出できるタイプの仮性包茎などに用いられる方法です。

器具には、股間部分に矯正器具の付いたパンツタイプ、男性器にはめるリングタイプ、そして包皮をむいて男性器に固定する接着剤タイプなどがあります。

もともと余っている包皮が戻らなくなるようにくせをつけることが目的なので、治療期間は長期間となり、その間はできる限り毎日継続する。といった必要があります。

手術と違い、自然な状態で治療が可能で価格も安価にはじめることができますがもちろんこの方法にもデメリットはあります。

まず、医学的根拠がないため矯正を続けても確実に治療できる保証がなく、長期間矯正を続けても成果がみられないといった可能性があります。

次に、器具の使用方法を誤ると亀頭や包皮を傷つけることになり、傷から細菌が繁殖して感染症を引き起こしたり、最悪の場合、男性器が壊死してしてしまうといったことがあるため、矯正器具による治療をする場合には正しく使用することが必須となっています。

ペニス増大サプリメント

包皮が余ってしまっていることで包茎になってしまっている仮性包茎や埋没包茎に有効な方法として、ペニス増大サプリメントがあります。

男性器のサイズを陰茎包皮の長さまで大きくすることで包茎を治療してしまうという方法です。

男性器の大部分は海綿体でできており、その海綿体に血液を貯めることで勃起します。

海綿体は鍛えることができず、また血流も自分でコントロールすることはできませんが、そういったはたらきに有効な成分を含むペニス増大サプリメントを飲むことで海綿体にいつもよりたくさんの血液をため、めいっぱいの勃起を何度も繰り返すことでサイズアップを可能にします。

ペニス増大サプリメントは天然由来成分でできているものがほとんどなので、副作用の心配がなく、大体の医薬品と併用することができます。

なのでせっかくサイズアップしても勃起力がないという場合でも、ED治療薬との併用が可能なため治療をはじめやすいといったメリットがあります。

ただし、矯正と同じく最低でも約3ヶ月以上継続して飲む必要があります。

また、ペニス増大サプリメントにはサイズアップだけでなく、精子増量や精力アップ、滋養強壮効果に期待がもてる成分などが配合されているものなどもあり、種類が豊富なため、自分の症状やライフスタイルに合ったものを選べるといった点もおおきなメリットのひとつです。

参考サイト:
包茎-Wikipedia

人気のペニス増大サプリメント

ペニス増大サプリメントにもいろいろな種類があり、自分に見合った成分を補うことでより高い効果を体感することができます。

海綿体への血流改善を促すものが多く、精力や性機能を増強させることでペニス増大を狙ったものや、勃起力にも焦点をあてたもの、精子の増量をはかるもの、内側に成分を塗り込んだコンドームなどもあります。

  • エンハンス9

    エンハンス9

    エンハンス9は錠剤タイプのペニス増大サプリメントです。
    男性器のサイズアップ、勃起力アップ、長時間性行為を楽しむためのスタミナアップ効果に期待がもてます。
    天然由来成分で副作用の心配もなく飲み続けて約3か月~半年ほどで自然な効果を発揮します。
    ED治療薬との併用も可能です。

    エンハンス9

  • ビッグRXプラス(VigRX Plus)

    ビッグRXプラス(VigRX Plus)

    ビッグRXプラス(VigRX Plus)は錠剤タイプのペニス増大サプリメントです。
    「ビッグRX」に成分をプラスしさらにパワーアップさせたサプリメントです。
    男性器のサイズアップ、性欲アップ、勃起を持続させる持久力アップに効果があります。
    天然由来成分で副作用の心配もなく飲み続けて約1~3ヵ月ほどで自然な効果を発揮します。
    ED治療薬との併用も可能です。

    ビッグRXプラス(VigRX Plus)

  • ボリュームピルズ

    ボリュームピルズ

    ボリュームピルズは錠剤タイプのペニス増大サプリメントです。
    精子増量とペニスのサイズアップに効果があり、飲み始めて1週間程度で朝勃ちが回復した例もあります。
    天然由来成分で副作用の心配もなく飲み続けて約3ヵ月~半年ほどで自然な効果を発揮するほか、性行為の約1時間前に飲むことで勃起力などへの効果にも期待がもてるとされています。

    ボリュームピルズ

  • ビリリティピルズ

    ビリリティピルズ

    ビリリティピルズは錠剤タイプのペニス増大サプリメントです。
    ペニス増大、勃起不全、中折れなどのほか、精力増幅、性機能回復に改善効果があります。
    天然由来成分で副作用の心配もなく飲み続けて約3ヵ月~半年以上飲むことでより効果を実感できます。性行為前に飲むことで効果を実感したという報告もあります。

    ビリリティピルズ

  • ペニス増大コンドーム

    ペニス増大コンドーム

    ペニス増大コンドームは、内側に増大効果のある成分が塗られていて装着することでペニスに成分を浸透させます。
    個人差がありますが赤外線とアニオンの効果で装着後すぐにペニス増大効果を実感できます。
    「ストロベリー」「オレンジ」「バニラ」の3種類のフレーバーから選べます。
    天然ゴム製でゴムや潤滑油アレルギーの方以外、副作用が起こることはありません。

    ペニス増大コンドーム

  • マカ

    マカ

    マカは男性だけでなく女性が飲むこともできるサプリメントです。
    自然素材マカの栄養素を凝縮し、滋養強壮、精力増強に効果があります。
    また、男性機能を改善する成分が多く含まれているため男性器を元気にすることができます。
    飲む時間は特に指定がないためいつどのタイミングでも飲むことができます。

    マカ

治療後のメリット

治療後のメリット

包茎を治療することで、包茎が原因とされるさまざまな病気リスクを回避することができ、亀頭が露出し感覚が慣れてくると、刺激に対して敏感になりすぎることが原因となっていた早漏が改善されることもあります。

治療後、露出した亀頭が敏感すぎたり、性行為時に慣れるまで時間がかかりそうであれば、早漏治療薬を使って感度を鈍くすることもできます。

また手術などではなくサイズを大きくすることで包茎を治すことができれば、自分自身の包皮にある性感帯も残ったままとなるので感度も維持でき、性行為の際の女性の満足度もより高めることができます。

包茎を治すことは病気のリスクを回避するだけでなく、自信につながることで精神的なメリットまであり、さらにパートナーを幸せにすることにもつながります。

包茎を治療することは人生において非常に重要な選択になるはずです。自分の症状に合った治療方法で出来るだけ早く治療するようにしましょう。

更新日:2018/10/9

ED治療薬局の嬉しい取り組み