×
上へ戻る
更新日:2018/10/01

ナイトライフ

ED治療薬局では勃起不全、早漏、ペニス増大、滋養強壮、精力増強など、夜の生活をサポートするためのサプリメントなどを多く取り扱っています。

ナイトライフ売れ筋ランキング

ナイトライフ一覧

閲覧履歴

閲覧履歴

ナイトライフとは

ナイトライフとは

ナイトライフとは、夜遅い時間にお酒を飲んだり、クラブで朝まで踊りあかす、パートナーとの夜の営みから一夜限りの関係まで夜から朝にかけて楽しく過ごすエンターテイメントや時間のことをさします。

自分が属する昼の社会とは違うナイトライフで受ける影響は、新たな人脈を作ったり、肉体や感性を刺激してくれたり、とポジティブな人生の原動力になるといっても過言ではありません。

性行為にフォーカスを絞れば、欧米人と比べると日本人はナイトライフや性行為には少し消極的な傾向にあります。

近年、性行為は科学的にも健康に良いという研究結果が発表され、就寝前の性行為は質の高い睡眠を得ることができるといわれていたり、活発なナイトライフを送る人は実年齢より約5~7歳若くみられるという報告もされています。

ほかにも週2回ほどの性行為で心臓疾患の罹患率が約45%下がる、免疫力の向上、脳神経の増加・発達、ストレスの発散や運動効果などが認められるといったデータもあります。

逆に性生活がおろそかになると、これらのリスクが高まるほか、性ホルモンの分泌が弱まることで、性欲や勃起力が減退してしまい、最悪の場合「ED(勃起不全)」になってしまうといった可能性もあります。

ナイトライフを充実させるには?

ナイトライフを充実させるには?

ナイトライフを充実させるには性行為の前のデートや夜遊びでの心がけ、マナーが大事な要因となります。

せっかくいい雰囲気で性行為に及んでも、性行為自体が満足できないものであったり、相手が不満を残すようなもの、マナーが悪いとなってしまうとそれまでです。

良い雰囲気を作ることができればナイトライフはより華やかで豊かなものとなり、さらに性行為自体の質を上げることでお互いに充実した時間を過ごすことが出来るようになります。

夜遊びマナー

マナーの基本は相手とのコミュニケーションを円滑にすることです。

相手の好感度を高めたり安心感を与えたりすることにつながれば、チャンスを逃さずその後の展開にも期待がもてます。

大人としての行動や所作など、最低限のマナーは守れるようにしましょう。

デートや飲み会、パーティーといったものに共通し、約束の時間に遅れないこと。服装も大人が楽しむ場所は場合によっては、軽装で行くとエントランスで入店を拒否されてしまうことがあるのでスウェットやよれよれのTシャツなどはなるべく避けることです。

ほかにクラブやイベントスペースでは成人かどうかを確認するため、身分証明書の提示が求められることがあります。
この場合、身分証として認められるものは顔写真付きが必須となるためスムーズに入店できるように準備しておくようにしましょう。

お酒を飲む方は泥酔して騒いだりその場で寝てしまう、同伴者や周りの方に迷惑をかけることのないよう気を付けましょう。

また、お店のスタッフに対して横柄な態度を取ったりすることもマナー違反です。
スタッフへの話し方、過剰なクレーム、高圧的な態度などは一気に雰囲気を悪くしてしまいます。

丁寧な対応や気遣いができる度量の広さは案外みられているポイントでもあるため、一時の感情で行動しないように気を付けるようにしましょう。

セックスの向上

性行為にはまず雰囲気作りが不可欠です。

日常の中の非日常として特別な雰囲気を演出することも興奮を高めるポイントになります。

部屋の電気を消す人、点けておく人でも効果のある間接照明やキャンドル、また、アロマや媚薬を使用することもいいムード演出には有効です。

ムードづくりの延長線上に前戯があります。

相手の服を脱がせてあげたりやさしく体を触るなどコミュニケーションをとることはお互いの気分を高め合うためには必要です。

前戯が短いと感じる女性は相手に対して「自分勝手」「雑」「濡れていれば準備OKと勘違いしている」と感じることが多く、また女性に対する経験値が低いと思われることが多いようです。

逆に長すぎても女性によっては気分が冷めてしまったり、女性器に痛みを感じることがあるため、前戯は相手の反応を見ながらするようにしましょう。

なによりも自分本位にならないことが大切で、相手の心理的な安心感は、そのまま快感へとつながります。

また、女性は行為後の言動や態度も前戯や挿入と同じくらい重要に感じています。
行為の後にそっけない態度を取ると雰囲気がリセットしてしまうため、うで枕をしたり二人で一緒にお風呂に入る、会話をするなど紳士的なアフターケアをすることで、お互いに良い時間を過ごすことができ、2回戦や次につながる可能性も高まります。

マナーを守り、質のいいセックスをすることで充実したナイトライフを過ごすことができます。

ナイトライフと精力増強

ナイトライフと精力増強

ナイトライフを充実させるには、朝まで動ける体力や、頑丈さに加え、勃起力など精力が必要となります。

精力とは、なにかを成し遂げるための心身の活動力やスタミナのことをさします。

精力的な男性は、身体の内面からもやる気や活力がみなぎり、男女の関係になる前の段階でも魅力的に映ります。

また精力を増強させることはナイトライフだけでなく日常生活や仕事面でも充実した時間を過ごすことにつながります。

精力を減退させる原因

精力を増強させる前に、まずは精力が減退していると感じる症状を知っておくことが大切です。

精力が衰えている人は性欲も減退している場合が多くありますが、この2つは必ずしも同じとはいえません。

大きな原因の1つに加齢があります。

身体の多くの機能が年齢とともに衰えていくのは自然な流れですが、そのなかでも男性ホルモンなどが急激に減少すると精力も大きく減退するうえ、男性更年期を発症することがあります。

また、男性ホルモンは日々の生活や対人関係の過度のストレスでも大きく減少するといわれています。

性欲が旺盛でも、性行為中に男性器が萎えてしまうことが増えたり、日頃のストレスを気に病んで早漏症状になったりするのも精力の減退が原因となっている可能性があります。

中折れや早漏になった場合はED治療薬早漏防止薬などの医薬品を服用することで効果的に治療することができます。

イギリスの世界的大手避妊具メーカーDurex社が2005年に調査した報告によると、日本人の年間の性行為回数は、45回で41位、1位のギリシャの約1/3であるということがわかりました。

調査を行ったのは41か国になるため、日本は最下位という結果となっています。

この結果からもわかるように日本人にとって性行為は日常と切り離された秘め事といったイメージで国民性として根付いてしまっています。

精力を増強する方法

精力を増強する方法

加齢やストレス、性に対する消極的な考えなどが原因で精力が落ちてしまうと、ナイトライフを楽しもうという気持ちや、遅い時間帯に出かける回数も低下してしまいます。

精力は一度失ったからといって二度と取り戻せない。というものではないため、原因に合った方法で精力を増強させましょう。

精力を増強する方法は1つだけではなく複合的に取り入れて実践することで、より効果的に増強させることができます。

加齢で落ちていく積極性も年齢のせいとあきらめるのは尚早です。

男性ホルモンであるテストステロンを増量させれば、精力的になれ、フェロモンの分泌を促す効果にも期待がもてます。

また、もともと消極的な国民性ですから、多くの方法を実践することで精力を取り戻すだけでなく、自分でも知らないほどの精力があることに気付けるといった可能性まであります。

食事

食事

食事による精力アップは誰にでもできる方法であることが最大のメリットです。

ヤマイモ、納豆、オクラなど粘り気のある食材が効果的とされています。

ほかに牡蠣やレバー類にはセックスミネラルとも呼ばれる亜鉛が多く含まれています。
亜鉛は前立腺や性腺に必要とされていて、性ホルモンや精子の生成に大きく関係しています。

さらに牡蠣には他にタウリンが多く含まれ、体内の機能を一定に調整する、疲労回復といった効果があります。

日常の料理に多く使われるものとしてはゴマやニンニクなどが精力増強に良いとされます。

ゴマに含まれるセサミンはアンチエイジング成分で、老化による精力減退に効果があります。
ニンニクにはアリシンが含まれ、スタミナアップ効果、またアセチルコリンには性的刺激の伝達をスムーズにする働きがあるため、勃起力に深く関係しています。

普段の食事に摂り入れるだけなので実践しやすい方法ではありますが、精力アップにつながる食材は栄養価が高すぎることから摂りすぎると肥満や病気になることもあるため、摂取量には注意が必要です。

また、食べてすぐに精力がアップするというよりも取り続けて体質を変えていくため、高価な食材だと経済的な負担などで長続きしなくなってしまうことがある。といった点に注意が必要です。

サプリメント

サプリメント

サプリメントは天然成分を原料とするもので、継続して使い続けることで精力を増強する効果に期待がもてます。

さまざまな効果を持つ原料があり、ペニス増大効果や、勃起力アップ、性欲や性機能を高める効果、精子増量効果とさまざまです。

特に中高年に多い精力減退の原因としては、加齢というよりも仕事が忙しいなどの生活習慣の乱れやストレスなどが原因というケースが多くなっています。

不足している栄養をサプリメントで補うことで精力を回復させたり増強させます。

サプリメントは主に天然成分でできているため副作用の心配がないものがほとんどです。

医薬品のように急激に症状を改善したり、精力剤のように一時的に症状を無くすものとは使用目的が異なり、精力や目的の性機能を高める体質へと根底から変えていくことができます。


すぐに効果があらわれるものではないので、約数週間~数か月継続して飲み続け、徐々に身体に必要な栄養素を取り込んでいくことが必要となります。

精力剤

精力剤

精力剤はただ飲むだけ。と気軽な点がメリットです。

コンビニや薬局、ディスカウントストアなどで販売されており自由に購入することが可能です。

ゆっくり効果があらわれるため、一定期間使い続けることで性機能を向上させたり、即効性があり性行為前に使用することで精力や性機能をアップさせるなど、配合されている成分や効果によって使いたいシーンに合わせた飲み方ができます。

天然由来の成分が配合された精力剤は「サプリメントや健康食品」に分類され副作用もほとんどないのが特徴です。

性行為の際に勃起力をアップさせる即効性のあるED治療薬や、早漏防止効果のある早漏防止薬も同じような効果がありますが、これらは医療成分が主成分となっているため、「医薬品」となります。

マッサージ

マッサージ

精力増強に効果のあるマッサージは肉体に直接作用するほか、精神的な面への効果にも期待がもてます。

肉体への作用としては全身の血行促進作用による精力増強です。

海綿体への血液の流入が足りないことによって起こる勃起力の衰えにも効果の期待が高まります。

マッサージによる精神的な面への効果としては人にマッサージしてもらうことによるスキンシップの上昇による精力増強です。

相手が付き合っている人や結婚相手などパートナーである場合は、自分が相手に入念なマッサージをすることで性欲を高め精力をアップさせるという効果にも期待がもてます。

また中高年に多いとされる、セックスレスの解消にも役立つといわれています。

パートナーの場合は下半身のリンパ節をほぐし、流れを良くすることで血行を促進するリンパマッサージや精巣と腎機能の回復・強化効果に期待できる睾丸マッサージなどが有効です。

いずれも強い力ではなく、優しい力でおこなうようにします。

トレーニング

トレーニング

血流改善とともに重要なのが、性ホルモンの分泌です。

テストステロンという男性ホルモンは体内のいろいろな器官での働きを持つ重要な物質で、男性の性機能やポジティブさ、活力などにも関係しています。

このテストステロンは年齢とともに減少していく傾向にあります。

ほかにもストレスや運動不足で大きく減少するため、トレーニングによって運動不足とストレスの両方を解消し、テストステロンの分泌と血流の促進を促します。

有効な方法にスクワットがあります。

おしり、骨盤、股関節の筋肉へ負荷をかけることで下半身を全体的に強化します。

またゆっくりしたスクワットは、身体全体のあらゆる筋肉を使い、特に太ももの筋肉に強い負荷を与えるため、できるだけスローなスクワットがおすすめします。

太ももの筋肉は身体の中にある筋肉のなかで最もカロリーを消費する筋肉であるとされるため、ダイエットにも有効です。


また、筋トレはテストステロンの分泌量を約20~60%増加させるというデータも報告されています。

勃起力のアップにはPC筋と呼ばれる骨盤底筋や恥骨尾骨筋を鍛えることが有効です。

勃起力回復のほか、尿漏れの改善にも効果があります。

この筋肉は肛門を開け閉めするインナーマッスルでもあるため、肛門運動によって鍛えることができます。

椅子に座った状態で肛門に力を入れ、その状態からさらに力を強めて10秒保ち、肛門を緩め深呼吸する、という運動を5~10回、1日に数セット行い続けると効果があらわれると言われます。

まとめ

日本人は働きすぎといわれ、日々のストレスも多い社会で精力の減退が進んでいます。

現代の日本がナイトライフに消極的なのは実際に性行為の回数についても調査国中、最下位を記録することからも明らかです。

しかしナイトライフの充実は人生を華やかなものにし、ストレス解消や、人間関係だけでなく日常や仕事の充実にも影響するものです。

また精力の充実とも深く関わります。

上記で紹介した精力増強の方法をできるだけ取り入れ継続することで精力を増強し、ナイトライフをより充実したものにしていきましょう。

参考サイト:
精力剤-Wikipedia

ED治療薬局の嬉しい取り組み