×
上へ戻る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

媚薬の作り方

媚薬の作り方

性欲を高めたり、感度をアップさせる、ムラムラさせるといったイメージのある媚薬ですが、アダルトショップや通販サイトで購入する以外に身近なものを使って作ることもできます。

昔から媚薬とされるものの中には手に入りにくい材料で作られているものもあります。

媚薬としての効果は定かではありませんが、ナイトライフを盛り上げるアイテムのひとつとして、ぜひ参考にしてみてください。

わざわざ作るのが面倒だという人は当サイトから色々なタイプの媚薬を購入することもできます。

本格的な媚薬の作り方

昔からその地に伝わる媚薬や、定番の媚薬についての作り方をまとめました。

スーパーなどではみかけることのない材料が入っているものなどもありますが、好きな人を振り向かせたい。いつもよりも刺激的な夜を楽しみたいといった人は試してみるのもいいかもしれません。

白媚薬

白媚薬

媚薬の作り方と検索すれば必ずみかけるというほど定番なのがこの白媚薬です。
効果のほどは定かではありませんが、手軽な材料で作ることができ、またとてもおいしそうなことから作ってみた。という人も多い手作り媚薬のひとつです。

好きな人を想いながらひと口飲み、「ビーナスキューピット、エロスよ、友よ」ふた口目に「あなたの助けを、私の願いを叶えたまえ」3口目に「我が愛、真実の愛をあなたに、我が愛する人を私に与えたまえ」と唱え、4口目で飲み干します。

・オレンジジュース:100cc
・赤ワイン:小さじ1杯
・ラズベリージャム:大さじ2杯
・塩:少々

●グラスにオレンジジュース、赤ワイン、ジャム、塩少々の順に加えて混ぜれば完成です。

イシュタルの秘密の媚薬

イシュタルの秘密の媚薬

性愛に絶大なチカラを誇る女神として崇拝されていた、古代メソポタミアの金星の女神イシュタルが由来となっている媚薬です。

首筋、手首、性器周辺にコロンのように少量付けることで気になる人と濃厚な関係になることができるとされています。

金曜の深夜に呪文を唱えながら作ることから本格的な媚薬を作ってみたいという人はぜひ挑戦してみてください。

・お湯:適量
・バニラビーンズ:6コ
・赤いバラの花びら:6枚
・シナモン・スティック:1本

●お湯の中にバニラビーンズと花びらを入れ、シナモンスティックでかき混ぜながら「サチュロス・ヴォルグ・ギルブ」と呪文を唱え、唱え終わったらシナモン・スティックも入れます。
煮詰まったら材料を取り出し、液体を瓶に詰めたら完成です。

中国式媚薬

中国式媚薬

異性を惹きつける香りや幸せ気分を高めるとされる天然の材料から作られる媚薬は、かつての皇帝たちも飲んでいたといわれています。

即効性はないようですが、お茶のようにして飲むことで効果を発揮するとされています。

・サンダルウッド:3g
・シャクハゲの花:2g
・クラリセージ:2g
・ナンテンの葉:4g

●沸騰したお湯に材料をすべて入れ、5~10分煮れば完成です。

ジプシーの媚薬

ジプシーの媚薬

ヨーロッパを中心に音楽や舞踏、女性は占いなどで生計を立てていた民族がジプシーです。

媚薬というよりはおまじないの一種として好きな人を振り向かせることを目的に広まっています。

好きな人を想いながら作ること、作ってる姿を見られてはいけない。1滴以上は使用しない。相手が口にしたらその日の夜に土に流す。といったルールを守って使用する必要があります。

・赤ワイン:適量
・ミネラルウォーター:赤ワインと同量
・ナツメグ:少量
・フェンネル:3粒
・シナモン:ひとつまみ

●ミネラルウォーターと赤ワインを沸騰しない程度に火にかけ他の材料を加えます。
右回りにかき混ぜながら好きな人を想い、名前を唱え続けます。気持ちが高まったら布でこして瓶に入れれば完成です。

伝説の媚薬

伝説の媚薬

ヨーロッパのトリスタン伝説に登場するといわれる愛の媚薬です。

誤って媚薬を飲んでしまうことから想い合ってはいけない2人が想い合う事で物語は進んでいきます。

効果のほどはわかりませんが、気になる人と相思相愛になりたいときに作ってみるといいかもしれません。

ただし、白ワインがメインとなるため飲みすぎには注意する必要があります。

・高価な白ワイン:950ml
・砂糖:450g
・シナモンの樹皮:30ml
・レモン:4分の1こ
・白コショウの実:2粒
・ナツメグ:少々

●すべてを混ぜ合わせてしばらくおいたら3~4回布でこせば完成です。

身近な食材を使った媚薬の作り方

媚薬効果に期待がもてるとされている食材と根拠となる作用について、媚薬の作り方についてまとめました。

チョコレート

チョコレート

昔から恋の媚薬といわれているチョコレートは口にすることで、人が恋をしたときに分泌されるときめきホルモンであるフェニルエチルアミン、
幸福感を感じることができる快楽物質エンドルフィンを分泌します。

他に自律神経を整えリラックス効果のあるテオブロミン、また抗酸化作用のあるポリフェノールなど健康にいい成分がたくさん含まれています。

媚薬効果が高いのはカカオが70%以上含まれているチョコレートになります。

☆チョコレートを使った媚薬レシピ

・カカオパウダー
・デーツ
・ココナッツオイル
・アガベシロップ
・ナッツやドライフルーツ

●材料をすべて混ぜ合わせて、砕いたナッツや刻んだドライフルーツを加え、型に流して冷蔵庫で固めれば完成です。

レモンと人参

レモンと人参

媚薬の作り方などで検索するとよく目につくのがこの媚薬です。

レモンのビタミンCと人参に含まれるベータカロチンを一緒に摂ると女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促し、女性の性欲が高まるとされています。

ただしそのレシピは「レモンと人参、玉ねぎを牛乳に加えて温めたものを飲む」というもので、飲むのも飲ませるのも大変なため、この2つの材料を使ったおいしく摂取できる作り方をご紹介します。

☆レモンと人参を使った媚薬レシピ

・塩レモン:半月スライス2~3枚
・人参:半分
・酢:小さじ2分の1
・オリーブオイル:大さじ1
・レーズンやナッツ

●人参を細切りにし塩をかけて3~5分置いたら洗って水気を切ります。
塩レモンを細かく刻みすべて混ぜ合わせて冷蔵庫で30分~1時間程度なじませ、レーズンやナッツをかければ完成です。

ニンニク

ニンニク

精力をアップするといわれるニンニクには血行を促進するアリシンが多く含まれています。
全身の血流が良くなることで刺激に敏感になったり勃起力をサポートしてくれます。

またペニス増大サプリにも含まれる亜鉛やアルギニンが含まれているため男性器だけでなく全身の疲労回復効果にも期待がもてます。

☆ニンニクを使った媚薬レシピ

・ニンニク:1欠
・砂糖:大さじ1
・100%オレンジジュース:適量
・5~10%度数のアルコール:適量

ニンニクに砂糖とお湯をかけて5分おきます。
●ニンニクをつぶしてオレンジジュースとアルコールを加えてよく混ぜれば完成です。

はちみつ

はちみつ

ハネムーン(honeymoon)の由来はヨーロッパの新婚夫婦が毎晩はちみつ酒を飲んで子作りに励んだことからきているといわれています。

そんなはちみつにはビタミンB群が豊富に含まれていて男性ホルモン(テストステロン)の生成を促進し、また女性のバストアップ効果にも期待がもてるとされています。

はちみつのねっとりと魅惑的な香りにはリラックス効果があります。

☆はちみつを使った媚薬レシピ

・赤ワイン:1カップ
・はちみつ:適量
・しょうが:少量

●材料をすべて混ぜ合わせれば完成です。
温めてホットワインにすることで全身の血行を促進し、さらに効果を高めるといわれています。

りんご

りんご

昔から赤い食べ物には性的欲求を高める、発情させる効果があるといわれています。

りんごに含まれるフロリジンという成分が女性ホルモンと似た構造をしていることから、摂取することで性的欲求が高まりまた濡れやすくなるといったデータが報告されています。

☆りんごを使った媚薬レシピ

・りんごジュース:100cc
・赤ワイン:小さじ1
・ジャム(いちごやラズベリーなど):小さじ1

●グラスにりんごジュース、赤ワイン、ジャムの順に加えて混ぜれば完成です。

パクチー(コリアンダー)

パクチー(コリアンダー)

同じ植物ですが種子の部分はコリアンダーとして主に香辛料として使用されることが多く、茎や葉の部分はパクチーと呼ばれ、香草として料理などに使用されています。。

体内の気や血行を良くする効果があり、デトックスやアンチエイジングといった効果があります。

そして独特な香りをもつこのパクチーですが、この香りには催淫作用があるとされていて中世ヨーロッパでは惚れ薬として使われてきた歴史があります。

☆パクチーを使った媚薬レシピ

・りんごやオレンジ、パインなど好きな果物:適量
・パクチー:お好みで

●お好きな果物とパクチーをミキサーにかければ完成です。
ミントの代わりにパクチーを使ったモヒートも媚薬として効果があるとされています。

☆コリアンダーを使った媚薬レシピ

・コリアンダー:7粒
・白ワイン:1リットル

●コリアンダーをすりつぶしながら「あったかい実、あったかい心、ずっと仲よくしてね。」と3回唱えます。
白ワインに入れて混ぜ、10分ほどおいたら完成です。

ザクロ

ザクロ

美容効果が高いといわれているザクロの実の部分には酸化防止、血行促進効果があるといわれています。

そして種には女性ホルモンであるエストロゲンが含まれていて、生理前後に似た状態にし、女性の性欲を誘発するといわれています。

またむくみ解消やアンチエイジングなど女性に嬉しい効果がたくさんあります。

☆ザクロを使った媚薬レシピ

・ザクロ:3コ
・グラニュー糖:350g

●ザクロの実を取り出しグラニュー糖と混ぜ合わせます。
密閉できる容器に入れ陽の当らない場所で1~2日保管します。
混ぜてグラニュー糖が溶ければ完成です。

冷蔵庫で保管し、水や炭酸、ジュースで割って飲んだり、アイスやかき氷にかけるなどたくさんの使い方ができます。

豆乳

豆乳

言わずと知れた大豆イソフラボンが豊富に含まれています。

女性が補っておきたい成分のひとつで若々しさを保ってくれる、生活習慣病を防ぐ、更年期の症状を緩和するなどたくさんの効果を発揮します。

媚薬としては女性ホルモンを活性化することから性器の状態を整え、伸縮性がアップすることからセックス時のパフォーマンスを高めるといわれています。

☆豆乳を使った媚薬レシピ

・調整豆乳:200ml
・甘酒:大さじ2
・ショウガ(すりおろし);適量

●豆乳と甘酒をマグカップにいれたら600wのレンジで1分半あたため、ショウガを入れて混ぜれば完成です。

ブランデー

ブランデー

ブランデーを使った媚薬というと飲むと酔っ払うからだと思いがちですが、こちらは塗るタイプの媚薬の作り方です。

粘膜はアルコールを吸収しやすいため、感じやすい部分に塗ると血行が良くなり感じやすくすることができるといった媚薬です。

ただし、急性アルコール中毒を引き起こす危険もあることから量を守ること、過度に使用しないことなどに注意する必要があります。

☆ブランデーを使った媚薬レシピ

・ローション:適量
・ブランデー:適量

●ローションとブランデーを10:1または10:3で混ぜ合わせれば完成です。
性器周辺や乳首などの感じやすいところに塗って使用します。

媚薬効果を秘めた食べ物

媚薬としての特別な作り方があるわけではないですが、摂取することで媚薬のような効果があるといわれている食べ物をまとめました。

わざわざ媚薬を作るのはちょっと…って人は夕食に取り入れてみるのもいいかもしれません。

トリュフ

トリュフ

ヨーロッパでは食べると性欲が増し、ムラムラした状態になるといわれていて、2度目、3度目と食べるたびにその記憶がよみがえり作用が増していくとされています。

ただし、鮮度が落ちているものでは効果がなくなってしまうため、鮮度の高いトリュフを食べる必要があり、日本ではかなり難易度の高い食材ということになります。

サフラン

サフラン

調味料としてだけでなく昔から染料や医薬、そして媚薬として使われてきました。

サフランの匂いには安眠効果のほか催淫剤としての効果があるとされ、血液に作用することで全身の代謝を高め、生殖器を活性化します。

たくさんでなく少量で効果があるとされていることから、サフランライスやパエリアを食すことで媚薬としての効果を体感できるかもしれません。

ナマコ

ナマコ

食べると精力をアップし、滋養強壮効果があるといわれているナマコは中国では「海参」と呼ばれています。

海の朝鮮人参といえるほど豊富な栄養素を含み、下半身強化にも期待がもてるとされていることが由来となっています。

食卓に並ぶといったことはなかなかないかもしれませんが、最近では居酒屋さんなどで見かけることもあるため、好きな人と一緒に食べるとぐんと距離を縮めることができるかもしれません。

バニラエッセンス

バニラエッセンス

甘いバニラの香りには身体の抵抗力を高める、催淫効果をもたらす、異性を惹きつけるといった効果があるとして昔から世界中で民間療法の薬や媚薬として使用されてきたといわれています。

また香りの中に微量の男性ホルモンが含まれているため女性が引き寄せられるのではないかといった説もあるようです。

夕食後にはバニラを使用したデザートを食べてみると効果を感じられるかもしれません。

ハーブティー

バニラエッセンス

気持ちを落ち着けたり安眠効果を得るために飲まれることの多いハーブティーですが、たくさんあるハーブの中にも媚薬のような効果があるといわれるものがあります。

セイロンやジャスミン、キャラウェイシードなどの香りには人を惹きつける効果があるといわれています。

ただ香りを嗅ぐだけでなく、ハーブティーを飲む事で身体を温め、さらにショウガを加えると血行を促進し、より高い効果を得ることができるといわれています。

まとめ

普段食べてる物や身近なもので作れる媚薬の方法についてご紹介しました。

カップルで一緒に作ることで楽しい時間を過ごすことができたり、いつもよりもなんだか興奮することができるかもしれません。

ただし、実際の効果に関してはあくまでも他の食材に比べれば、そういった成分が多く含まれているというだけになるので劇的な変化は期待できないかもしれません。

きちんとした媚薬の効果を求めている人には本物の媚薬がやはりおすすめとなります。

更新日:2018/11/19

ED治療薬局の嬉しい取り組み