×
上へ戻る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デヒドロエピアンドロステロンとは

デヒドロエピアンドロステロンとは

デヒドロエピアンドロステロン(以下、DHEA)とは、男性ホルモンであるテストステロンや、女性ホルモンのエストロゲンをつくる材料になり、体内の副腎皮質で分泌されるホルモンのひとつです。

同じくDHEAサルフェート(DHEAの塩酸塩、以下、DHEA-S)も副腎から分泌されるDHEAの1つで、血中のDHEAはほとんどがこのDHEA-Sです。

DHEAはホルモンの材料となることから、ホルモンの母と呼ばれ、思春期に分泌量が増え、20代でもっとも盛んに分泌されますが、40代には約半分まで減り、80代ではほとんどなくなります

また、ホルモンの材料となるだけではなく、DHEA自体もさまざまな健康効果を持っていて、中でも細胞の再生力を上げたり、更年期以降の女性の身体をサポートするなどの効果から、若返りのホルモンとも呼ばれることもあります。

DHEAの効果

DHEAは身体にとってさまざまな健康効果をもつことが研究により発見、報告されています。

また、DHEAを材料として男性ホルモンと女性ホルモンが作られるので、これらのホルモンによる様々な効果は、DHEAが分泌されることによってよりしっかりと効果を発揮するといえます。

IGF-1(インスリン成長因子)の増加による効果

DHEAは血中のコルチゾールレベルをコントロールするIGF-1の分泌をサポートしてくれます。
コルチゾールは副腎から分泌されるホルモンで、ストレスを受けると分泌され、血糖値を上げることでストレスを緩和してくれます。

しかし、同時にDNAを酸化し老化させる活性酸素を発生させてしまうため、このままでは免疫力の低下や筋肉や骨の合成を抑えてしまいます。
このコルチゾールをコントロールするIGF-1の産生をサポートするため、DHEAは抗ストレスホルモンとも呼ばれます。

IGF-1が増加し血中コルチゾールをコントロールできると、ほかにも以下のような効果が期待できます。

・認知能力向上
・甲状腺機能向上
・骨密度、筋組織の産生
・免疫力の向上による炎症の抑止
・血糖バランスの調整による2型糖尿病の予防

発がんリスクの低下

免疫力の向上はホルモン感受性のがんを除いたがんの発生リスクを減少させるとされています。

心血管疾患

高血圧、動脈硬化、心臓病といった疾患に対しての有効性も報告されています。

性ホルモンによる効果

テストステロンの合成量が増加することによって以下のような効果があるとされます。

・骨や筋肉を作って男らしい身体つきにする
・発毛を促進する
・集中力や決断力のアップといった精神的安定、気力の向上
・性的衝動の向上、精子の形成増進、ED(勃起不全)改善といった性機能の向上

エストロゲンの合成量が促進されることによって、以下のような効果があるといわれています。

・子宮をはじめ、脳、乳房、皮膚、骨といった身体の多くの部分の発達、健康増進作用
・自律神経を整える
・女性らしい体つきにする
・子宮や卵巣機能の向上
・更年期における骨量の減少抑止、排尿障害、うつ、心血管疾患、脂質代謝異常、皮膚の色素沈着

その他の効果

その他にも以下のような様々な効果が確認されています。

・肥満(脂質異常症)
・加齢に伴う肌の老化
・慢性的な疲労
・記憶力の低下

DHEAが不足すると

DHEAは加齢、喫煙、アルコールの過剰摂取、栄養不足、カフェインや糖分の過剰摂取、必須脂肪酸の欠乏、睡眠不足などで不足する可能性があります。
また、DHEAは抗ストレスホルモンですが、あまりにもストレスが増えることでコルチゾールが過剰に作られてしまうと、分泌が妨げられてしまいます

他の病気でコルチコステロイドを大量に服用した場合、身体に脂肪がつき顔が丸く膨らみ皮膚が薄くなるクッシング症候群という症状が起きる可能性があります。

性ホルモンの分泌低下にもつながりますので、更年期障害やLOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)の原因にもなります。

そのほか、以下のような症状が出るとされています。

・骨粗鬆症リスクの増加
・免疫力低下による風邪など
・肥満、中年太り
・高血圧・心臓病の原因

DHEAが必要な人

以下のような人はDHEAを補うことで改善する可能性があります。

・ストレスの多い生活を送っている
・メタボリックシンドローム
・筋肉を維持したい、または強くしたい
・甘いものや脂っこいものが好き
・薄毛で悩んでいる
・骨折が多く骨の弱さが心配
・物覚えが悪い
・物忘れがひどくアルツハイマーが心配
・夜の生活に積極的でなくなってきた
・精液の量や勢いが落ちてきた
・ED気味である
・男性更年期障害
・なかなか子供ができない
・更年期障害
・生理不順

DHEAの増やし方

身体にとって非常に重要な働きをするDHEAですが、残念ながら年齢による減少を抑えることはできません。
しかし、減少量を抑えるということはできます。そのためには分泌に関わっている副腎の健康状態を良好に保つことが重要です。

副腎の疲労は朝と夕方の採血検査による血中コルチゾール濃度などでも知ることができます。

生活

まずは健康的で規則正しい生活をすることが大前提です。
質の良い睡眠も重要で、近年は寝る前のスマホ(スマートフォン)操作によって、画面から発するブルーライトが睡眠中のホルモン分泌を妨げてしまうともいわれています。

また、ぬるめのお風呂に入ることで副交感神経が優位になり、成長ホルモンの分泌を助けたり、ホルモンバランスを調整してくれるため有効です。

運動

運動もDHEA増加には大変有効だといわれています。特に下半身の筋肉に軽い負荷のかかる運動が最も効果的だとされています。

階段や坂道などで負荷をかけたウォーキングや、ジョギング、サイクリング、水泳のような適度な負荷で、かつ継続できるものが好ましく、運動の継続を義務としてストレスを感じたり、負担の大きい激しい運動を行うのは逆効果になります。

筋トレを行う場合は、1日約5~10分程度の軽いトレーニングが有効です。

食事

身体が酸化することで副腎に負担がかかってしまいます。以下のような酸化を抑える栄養素が含まれた食品を、日常的に摂るようにしましょう。
また、副腎が疲れると特にビタミンCが不足しがちになることも覚えておきましょう。

これらを1度に大量に摂るのではなく、1回の食事の中にタンパク質、脂質、炭水化物、カルシウム、ミネラルをバランスよく取り入れた規則正しい食生活が大事です。

・ビタミンB群が豊富なレバー、ニンニク
・ビタミンCを多く含む緑黄色野菜、レモン
・良質なタンパク質である卵、脂身の少ない肉、大豆
・マグネシウムを多く含むとされる玄米、ごま、アーモンド、わかめ
・納豆、ヨーグルト、キムチ、甘酒、塩こうじといった発酵食品

また、自然薯や長芋といった、ヤマノイモ科ヤマノイモ属のイモにはDHEA自体が含まれているのがわかっており、その上副腎の疲労に効果的なビタミンCやビタミンE、亜鉛も豊富です。

逆にジャンクフード、砂糖、小麦粉の加工食品、お菓子、マーガリンなどのトランス脂肪酸は身体を酸化させるため、副腎に負担をかけ、老化を早めます。

サプリや媚薬

近年はサプリメントでDHEAを補うことができ、海外では若返りの健康食品として大ブームとなっています。
サプリメントの場合、40歳以上の健康な成人男性で1日約20~50mg、女性で1日約10~30mgが目安量とされています。

また、身体の外に放出して自分以外の相手に作用するフェロモンはホルモンの分泌が関係しているとされることから、ホルモンの原料となるDHEAを配合した媚薬なども商品化されています。

DHEAの副作用

DHEA自体には摂取量を守ればこれといった副作用はありません。ただしステロイドの一種でもあり、過剰に摂取すると、以下のような副作用も報告されています。

・不眠症
・動悸
・にきび
・皮膚の炎症
・眼圧以上
・不整脈
・女性の多毛症、または逆の脱毛
・胸のハリ
・生理不順

DHEAの注意点

・DHEAは摂るほど効果が高まるものではなく、過剰摂取すると身体に負担をかけてしまうといわれています。
DHEAアレルギーの人ももちろん摂取は禁止です。

ドーピング薬物の対象となっていますので、アスリートの人は摂取すると問題になる可能性もあります。
また、長期的に摂取したのち中止すると、ステロイド特有のリバウンド現象で、倦怠感、肝炎、不整脈の報告もあります。

・前立腺がん、乳がん、卵巣がんといったホルモン感受性がんは、進行を早めるといわれていますので摂取は厳禁です。

・妊娠中の女性も摂取は控えるべきとされています。若い人も体内のDHEA量は十分なので、摂取は控えるべきです。

・ベンゾジアゼピン、甲状腺ホルモン薬、中枢神経作用薬を服用中の人は医師にご相談ください。

DHEAが含まれている商品一覧

DHEAが成分に含まれている人気のサプリメントをご紹介します。

■DHEAが成分に含まれている人気の媚薬

  • フェロモアM(男性用)

    フェロモアM(男性用)

    フェロモアM(男性用)は女性を惹きつけたい男性のための香水タイプの媚薬です。
    相手の自分に対する感情を芽生えさせたり、出会いの場で自分に意識を向かわせる、ストレスを緩和させるといった効果が期待できます。
    性行為の際にも事前に使うことで性欲を高めたり、催淫効果で性的刺激の感度向上が期待できます。

    フェロモアM(男性用)

  • フェロモアF(女性用)

    フェロモアF(女性用)

    フェロモアF(女性用)は男性を惹きつけたい女性のための香水タイプの媚薬です。
    ヨーロッパで知名度の高いフェロモン成分配合香水で、男性の性的欲求を向上させるとされるブレメラノチドなどが配合されています。
    相手を惹きつけ、自分に対する感情を芽生えさたり、ストレスを緩和させるといった効果が狙えます。
    性行為の際にも事前に使うことで性欲を高めたり、催淫効果で性的刺激の感度向上が期待できます。

    フェロモアF(女性用)

  • フェロモアL(レズビアン用)

    フェロモアL(レズビアン用)

    フェロモアL(レズビアン用)は女性を惹きつけたい女性のための香水タイプの媚薬です。
    幸せホルモンとも呼ばれる主成分のオキシトシンをはじめ、レズビアンの人に合わせて成分を配合しており、相手を惹きつけるフェロモン効果のほか、日常のストレス緩和といった効果も期待できます。
    性行為の際にも事前に使うことで性欲を高めたり、催淫効果で性的刺激の感度向上が期待できます。

    フェロモアL(レズビアン用)

  • フェロモアG(ゲイ用)

    フェロモアG(ゲイ用)

    フェロモアG(ゲイ用)は男性を惹きつけたい男性であるゲイの人のための香水タイプの媚薬です。
    気になる相手を惹きつけたり、自分に対する感情を芽生えさせる、また日常のストレスを緩和させるといった効果が狙えます
    性行為の際にも事前に使うことで性欲を高めたり、催淫効果で性的刺激の感度向上が期待できます。成分はどれも安全で副作用の心配もありません。

    フェロモアG(ゲイ用)

参考サイト:
デヒドロエピアンドロステロン-Wikipedia

更新日:2018/11/16

ED治療薬局の嬉しい取り組み